« DIY)カーステをいじってみた(その1): CV21s'1996 | トップページ | JR土讃線・讃岐財田駅 »

2024/05/03

愛媛県・西条市

 GW後半です。折角のお休みなので、どこかに出かけることにしました。日帰りで、そう、これまでずっと用事の無かった地に立ち寄ってみようと思ったのです。今回は愛媛県の西条市。最近、TULIPで松山に訪問したばかりなのですが、私の気持ちの中では愛媛県には松山の他に行きたい、過ごしたい場所がいくつかあります。今治、八幡浜・・そして、西条です。西条は石鎚山系の湧水の街。この町の喫茶店でコーヒーを飲んだらすごく美味しいのではないか。すごく美味しい筈だ。とりあえず目的はそれだけ。
20240504a
 初めての地です。目的地が市街地であったことから駐車場の心配をしていたのですが、とてもおおらかな街の設計であるのか、公共の無料駐車場がいくつもあります。この日はどこもガラガラだったので利用させていただきました。
 湧水地から湧水、流水、遊水、景水、静水という5ステージのエリアに連なっています。途中、もしくはその周辺に「うちぬき」という人工的な自噴施設があり、その内、飲用できる場所もある・・という世界です。私は湧水ゾーンから静水ゾーンの入り口まで、気持ちのよい散歩となりました。お堀のような形状になった静水ゾーンの入り口は日露戦争の碑があったりして、歴史を感じる景観となっていました。その地点から車を停めてある総合文化会館に戻りました。

20240504b
 途中、水辺の道を帰ってきても良かったのですが、少し道を逸れ、アーケートを通って帰ることにしました。いくつかの商店街が連なり、駅前周辺から市役所まで形成された味のあるアーケードでした。しかし、シャッター街です。GWのために閉まっている店が多いためなのか、平日はそうでないのか確認したかった。唯一、観光客にも用事を見つけられそうな(老舗の)和菓子屋さんに入り、柏餅を求めながら、店の人にこのアーケードについて話を伺いました。後継者の都合で閉める店が多いとのこと。西条は周辺の国道の様子を見ても車の数は少なくないし、四国の中では大きな都市だと思うのに。柏餅はとても美味しかったです。
 私たちの旅は日の暮れを感じながら、駅前の肉屋さんで叉焼を買い、そこで伺った魚屋さんと八百屋さんで晩酌の友を調達して家路につきました。

 西条へは、いつかまた訪問したい。機会を見つけて、ご当地のソウルフードだというアツアツ鉄板にのったナポリタンを食べてみたいのです。そして、次に来るときは必ず空いたペットボトルを持ってきたいと思う。この街の最高のお土産は「うちぬき」の水なのですから。

|

« DIY)カーステをいじってみた(その1): CV21s'1996 | トップページ | JR土讃線・讃岐財田駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DIY)カーステをいじってみた(その1): CV21s'1996 | トップページ | JR土讃線・讃岐財田駅 »