« RZ34を正式にキャンセルしました。 | トップページ | Roland SP-404MK2(ぽん出し装置) »

2024/02/11

タイミングベルト関連一式交換:WAGON-R CV21S'1996

 約7万キロで入手した1996年のワゴンR。私の車庫の車は90年代モノばかりなのですが、最近はこのワゴンRの稼働率が高いのです。高速道路に乗らない移動は全てコレ。幸か不幸か私はこれまで軽自動車をマイカーとして持ったことがなく、いまさらながら軽の便利さや楽しさにやられてしまった。軽くて小さくて俊敏(重心が高くて、ひっくり返りそうな時はある)。MTの感触もカチカチと決まって大変よろしい。私としては軽自動車への関心が高まっているのです。

 ただ、このワゴンR(この個体)について、購入店から聞くには、タイミングベルトの交換記録がないという。納車時に交換をお願いしたら、「まだ10万キロいってなくて調子良いので、触らない方がいい」なのだとか。・・・28年前にもなるタイミングベルトはやっぱり気色悪いですよね。なので、別の、スズキの看板のある販売修理店に持って行って、交換してもらいました。タイミングベルト、ウォーターポンプ、シール等の一式ですね。

 その販売修理店で貸してもらった代車がMH21SのワゴンRでした。興味津々です。 
20240211a

まずはベースギターのケースは乗るのか・・です。

20240211c
CV21S(CT21S)よりは荷室がちょっと長いみたいです。

20240211b
エンジンはK6A。15万キロ越えの個体でしたがとてもスムーズに走っていました。ATだったこともあるのでしょうが、良い意味で軽さを感じず、ドッシリとした走り心地でした。このワゴンRもイイな・・・と思いました。で、私のCV21Sは無事に工事が終わって、翌日、引き取りに行きました。

|

« RZ34を正式にキャンセルしました。 | トップページ | Roland SP-404MK2(ぽん出し装置) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RZ34を正式にキャンセルしました。 | トップページ | Roland SP-404MK2(ぽん出し装置) »