« Sony α7sIIIとCanon nFD500mm レフレックスF8.0 | トップページ | RZ34を正式にキャンセルしました。 »

2024/01/31

ERNIE BALL MUSICMAN Stingray Bass '2008

ERNIE BALLのシリアルナンバーデータベースによると
この個体はフルオリジナルのようだけど
そんなしっかりしたデータベースが存在すると
イジるのに覚悟がいる。

少し前の記事で紹介しました。イマサラなスティングレイベース。スティングレイは2本目。1本目は2010年に入手した1979年型で、その時にも「イマサラ」でした。この個体はネックが不安定であまり弾いていない。私は今59才。今年、いよいよ還暦で。45年間ず~っとベースを弾くことを趣味としていて、いろいろなカタチのベースをあれこれ弾いていながら、いまに何故、スティングレイなのか・・というコトについて説明が難しいのです。心の中を整理すると、スティングレイはちゃんと弾いたことが無かったから・・、〆として弾いておきたい、というところが正直なところかもしれません。

20240117a

 ボディ黒、ローズ指板の組み合わせです。2008年製。この個体は当然、中古なのですが、あまり弾かれていない。大事にされてきたような様子がある。しかし、私の手元に来る前は、きちんとした楽器店ような環境ではなかったこともあって、全体的に少々メンテナンスが必要でした。私の手元に来て、あれこれ調整して概ね戻りました。

 特にこの個体の問題は、湿気のある場所で放置されていたようで、中身の配線が錆びでボロボロでした。それでも音は出ていた。外観上ではジャック部の配線の錆び。危ういので、ジャックごと(ありがちなスイッチクラフトのステレオジャックヘ)変えました。この場合、電源の線について気を付ける必要があります。このスティングレイでは元々は(プラスチックモールドの)スイッチジャックで電源ホット線(+)がON/OFFするカタチです。ステレオジャックへの変更では、一般的にコールド(-)線をアースへ短絡することでONとなるカタチになります。
 ネットを見ると、このジャックを交換した例が目立つのですが、わざわざ交換するものでもないと思います。しかし、ジャックは消耗品なので、交換する時はプラスとマイナスを頭の中を整理しておきましょう。
 次に、フロントの金属のパネルを開けたのですよ。中身も全てオリジナルなのですが、電線が錆びていて基盤から伸びている線がポロポロ折れて切れて行くのです。ビニール被覆の中身まで錆びている。私は、結構な数の古いエレキギターを見てきたつもりで、こんな恐怖体験は初めてでした。幸い、基盤は問題なかったこと、そして板にB,W,Rなど配線の色を記したような記号がプリントされていたので、その通りに配線して戻りました。

 見た目ですね。ローズ指板と黒ボディ、黒いPGの組み合わせは、スティングレイに限らず、落ち着いた組み合わせでカッコイイもの。ネットで調べて見れば、これはレッチリのフリー風らしい。定番の組み合わせであって何ら違和感がある筈もない。これはこれでいいのですが、私としては、これは見た目、たぬきのお腹のような姿の”スティングレイ感”が乏しく、PGの色を強調したいと考えました。白でしょ。

20240117c

 ネットでリプレイスメントのPGをググると、すぐヒットしまして。そのまま白色(パーチメント??)をポチっとすると2日後にはポストに入っていました。純正ではないのが残念ですが、WD Music Productsの製品で、ぴったり合いました。取り付けたのが下です。

20240117b

 これで、遠目にもスティングレイだと判ることでしょう。黒色PGのカッコ良さも捨てがたいところですので、時々交換して気分転換を図りたいです。

 そして、出音の印象は、まず全体的に”じ~”っという誘電ノイズが気になります(この個体だけの問題かもしれない)。このノイズ対策にしばらく時間を費やしました。この様子については別途、機会があれば紹介しますが、要約すればシールドとそれに伴うアースを追加しただけ。トレブルをフルにすると若干の発信音のようなノイズが残るにしても、センター位置では気にならない位になりました。特にPU部のシールド対策は効果がありました。しかし、ここは、シールドすればするほど高音域が抑えられるような気がして微妙なところではあります。音は、1979年に比べて音量がデカい。スラップするにしてもトレブルはそんなに上げなくていい。ミッドは下げればドンシャリになるけれど、下げ過ぎるとスティングレイではなくなる感じです。

 楽器としては、今では当たり前なことなのでしょうが、この2008年の個体はネックが普通に安定しています。私の1979年製は大き目のリリーフ量だと考えてみても、弓のようなしなり具合で、とても落ち着いて演奏できないものでした。当時のmusicmanでも丈夫なネックの個体はあるらしいのですが、私の経験数では出逢ったことがありません。なので、普通に安定しているネックのスティングレイを弾いていると、夢のような気持ちになります。

|

« Sony α7sIIIとCanon nFD500mm レフレックスF8.0 | トップページ | RZ34を正式にキャンセルしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sony α7sIIIとCanon nFD500mm レフレックスF8.0 | トップページ | RZ34を正式にキャンセルしました。 »