« フレットすり合わせ | トップページ | WINDOWS10と古いCubase »

2020/04/02

SB ラー油容器

新型コロナウィルスの感染防止の関係で仕事がバタバタしている一方、音楽活動しか楽しみのない私のプライベートはスカスカになっています。ともかく、休暇の日にはやることがなく、ベースやギターの手入れを次々に黙々とやりながら過ごしています。目新しい新ネタもありません。

今回紹介するのは、SBのラー油容器です。SBでは、この容器(キャップ部)を数年前から導入しており、ボタンのフィット感の向上、1/3の力量で押せるようになったこと、液だれしづらいノズルデザインによるベタベタ感の解消が図られたとされています。確かに、以前のものよりも、食卓のギョウザが一層楽しいものになったように実感するところです。ワンプッシュの吐出し量も心地良いものになっているように思います。

この空き容器(捨てるのが勿体ない)を何かに使えないか・・と思案しまして、よいことを思いつきました。

20200326a

レモンオイルの容器として(笑)です。(指板の手入れにレモンオイルを使用することについては、いろいろな意見がありますので、推奨するつもりはありませんが、私は古い昭和の人間なので使っています・・・細かくは、蜜蝋と併用しています。)

私が愛用しているレモンオイルは、楽器用というよりは家具用のオールドビレッジのもので、その粘度がラー油っぽく、この容器に丁度よいのです。
この容器は結構便利です。写真の5弦JBの面積で3プッシュ位。指で伸ばすことになりますが、いい感じで塗れる量です。私の手順では、結局オイルに触れることになりますので、容器のベタベタ感予防デザインの恩恵はありません。レモンオイルの無駄遣いの抑制にはなるようです。

ただ、くれぐれも、レモンオイルを入れたこのラー油容器を、食品と間違えないように管理をお願いします。小さいお子さんがおられるような場合には特に注意してくださいませ。

|

« フレットすり合わせ | トップページ | WINDOWS10と古いCubase »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フレットすり合わせ | トップページ | WINDOWS10と古いCubase »