2024/05/08

Fender C/S Yamano 120th Anniversary Vintage P-Bass Custom’2012(の現在)

20240510b
 先月、私が大好きだったTULIPの愛媛公演を観に行きました。チケットを職場の同僚から譲り受けて実現したものですが、私としては今回の「本当に最後らしい」再結成TULIPのツアーは観れないものと諦めていました。今回の最後のツアーは、確か、2022年から始まったもので、その年の6月の東京フォーラムを私は観ていました。松山の公演は、偶然であって、夢を観ているような舞台でした。

 このツアー、現在ではアンコール的な期間となっているものです。メンバーがミュージシャンである間は、ずっとTULIPを続けていたらいいのに・・・と思うのは私だけではないでしょう。

 私は、ブログの名前で予想される通り、TULIPの安部さんのファンです。このブログの楽器の話題ではベースの話題が多くなっていますが、ギターも弾いています。でも、現在の私はギターは人前では滅多に弾かない、セッション相手がいる場合は、いつもベースになる。私はTULIPは1977年からのファンですが、ファンの分類では恐らくは2期世代です。安部さんのファンだけれども、宮城さんに対してはファンというよりも尊敬です。私が子供の頃にベースを弾くことがなければ、今は・・・というよりも、早い時期から音楽から離れていた筈ですし、ベースを弾きたいと思う切っ掛けとなったのは宮城さん(宮城伸一郎氏)でした。子供の頃にレコードからコピーした氏の演奏は、派手なものは無かったけれども基本といえるもので、その後、私の財産となったと思います。

 TULIPへの想いを話すときりがないので、そろそろ止めておきます。愛媛公演に話を戻しますね。私は、TULIPのメンバーが使っている楽器を分析するのが好きでした。宮城さんが使っておられる青ラメのOPBに似たモノを私は10年前から所有している。ブログ的には数回触れていますが、改めて紹介をします。入手した時の経緯などは、過去記事をご覧ください。
 このモデルは、2012年に銀座山野楽器が創立120周年を記念して、当時長年輸入代理店を行っていたFENDERにオーダーした企画品で、カスタムショップがチームビルトのグレードでエレキギターとベースで計9本製造したものです。ストラトキャスター、テレキャスター、OPBで各3台づつ。特徴は青いスパークル塗装とアノダイズド(アルマイト)ピックガード。他に、マスターグレードの品があり、OPBだけのことに触れれば2本、ジェイソンスミスと(たしか?)ユーリシスコフ。宮城さんが現在のステージで数曲で使っていた個体はジェイソンスミス製のもので、青色が少し深い特徴があり、他の同企画での個体達とは異なっています。
20240510g
 私のチームビルドは、2014年秋に中古で入手しました。私にしては、ちょっと高価だったこともあり、ほとんど弾かずに保管しています。実は弦も替えてない。弦高も、何もかも触らずです。久しぶりにケースから出したら弦が錆びていたりして、少し手入れをして、きちんと弾いてみようと考えました。写真は弦を外してしまった後になります。

20240510d
PJ構成です。このPUがどのような曰くつきのものかは知りません。PUを外して裏を見たら何か書いてあるかもしれませんが、それは行っていません。

20240510e
 フェンダーカスタムショップの製品には、多くの場合(必ず?)にヘッド裏にマークが付いています。このマークは無理に付けなくてもいいんじゃないの?と、以前から私は思っています。ネック材は柾目です。

20240510c
ここ(上の写真)も、このモデルの特徴です。ネックのバインディングがアバロンシェルの模様でビックリ。それだけではなく、ギブソンのようなオーバーフレットバインディングになっています。なんとナットの箇所までもなっていて更にビックリ。オーバーフレットバインディングはフレットが引っ掛かることを防ぎ、滑らかな手触りで良いです。ですが、アバロン模様はどうかな・・と思います。模様は綺麗なのですが、いざ、心に余裕のない演奏場面Dえはでは、白ドットポジのサイドマーカーが見えづらいという問題があります。

20240510i_r
 私の前の所有者はサイドマーカーの視認性の問題解決のため7フレットと9フレットの位置に、ボールペンと思わしき筆記具でガリガリと追記されています。以前のオーナーはコレクターではなかったことが判ります。
 このマークはコンパウンド等ですぐ消える(ボールペン特有の凹みは残る)程度のものなのですが、恐れ多いので、可能な限り残そうと思っています。弾いていても消えてしまいそう。

20240510f
 私は2ノブタイプのJBを触ったことがありませんので、これもそんな感じなのかと思います。JB配線で、それぞれのPUにトーンを配線するとこんな効果になるのでしょうか。トーンは考え過ぎると使いづらいものになりそうなので、あまり考えない方がいいでしょう。このベースの電気的なサウンドは、いわゆる良く出来たPJベースです。PJのベースはPが使いづらいものが結構あったりするのですが、これはPだけで弾くと、良い音のプレシジョンベースです。Jを少し混ぜる・・・という使い方には、トーンコントロールの煩悩から解脱する必要がありそうですが、いじっていると時々、コレコレってポイントがあります。

20240510h_r

 このベースの音を個人的に総括すると、生鳴りは良くも悪くもヴィンテージのフェンダーを連想する音だと思います。ただ、新しいから良い意味でカチっとしています。現在の私の気分に限ればリアPUの音はいらないかな・・・と感じています。フロントPUだけでブリブリと普通のPBとして使うと気持ち良い。

このベースの購入時の設定等の入手時の状況を自分用の備忘録として掲載しておきます。参考までに。

弦:ダダリオXL165

弦高(約):12F
4th:3.2mm
3rd:2.5mm
2nd:2.4mm
1st:2.2mm

弦高(約):20F
4th:3.2mm
3rd:2.5mm
2nd:2.4mm
1st:2.2mm

PU高(ピックアップマグネット上面と弦下面との距離)
フロントPU/リアPU(約)
4th:5mm/3mm
3rd:5mm/4.5mm
2nd:4mm/4.5mm
1st:4mm/3.0mm

 ※ネックのリリーフ量は薄紙一枚程度、ほとんど無い真っ直ぐな状況です。12フレットと最終フレット(20F)の高さは何度も測ってみましたが私のアナログ計では同じに結果になりました。

 ※弦高については低くはない、私は高さを感じるのですが、私が普段使っているベースが低すぎるのかもしれません。

以上

| | コメント (0)

2024/05/05

JR土讃線・讃岐財田駅

私が病気療養中だった時に訪れた駅舎。
そろそろ立ち直った頃に
さよならだなんてあんまりだよ。

20240505d
タブの巨木に守られている駅舎です。私は昨年6月に初めて訪れたのです。なんとも言えぬタブのチカラを感じて、気になってしまって時折、訪れていました。自分の体調が優れていなくて、この古い駅舎とタブの巨木の静かさが好きで、落ち着く場所でした。何もない駅なのですよ。でも、歴史はありそう・・・というかあるのです。

20240505a
 駅舎の建て替えとなる。駅が無くなることはないので、交通の便としては変わりはないのでしょう。新しいこの駅には、これまで通り「タブの巨木に守られた駅舎」のイメージを残して欲しいと思います。

20240505b
待合室にフェアウエルボードが掲げられていました。皆から愛されているのです。

20240505c
噂では今月には解体が始まるようです。財田駅は車で自宅から1時間程度の距離。機会を見て、また立ち寄りたいと思います。

| | コメント (0)

2024/05/03

愛媛県・西条市

 GW後半です。折角のお休みなので、どこかに出かけることにしました。日帰りで、そう、これまでずっと用事の無かった地に立ち寄ってみようと思ったのです。今回は愛媛県の西条市。最近、TULIPで松山に訪問したばかりなのですが、私の気持ちの中では愛媛県には松山の他に行きたい、過ごしたい場所がいくつかあります。今治、八幡浜・・そして、西条です。西条は石鎚山系の湧水の街。この町の喫茶店でコーヒーを飲んだらすごく美味しいのではないか。すごく美味しい筈だ。とりあえず目的はそれだけ。
20240504a
 初めての地です。目的地が市街地であったことから駐車場の心配をしていたのですが、とてもおおらかな街の設計であるのか、公共の無料駐車場がいくつもあります。この日はどこもガラガラだったので利用させていただきました。
 湧水地から湧水、流水、遊水、景水、静水という5ステージのエリアに連なっています。途中、もしくはその周辺に「うちぬき」という人工的な自噴施設があり、その内、飲用できる場所もある・・という世界です。私は湧水ゾーンから静水ゾーンの入り口まで、気持ちのよい散歩となりました。お堀のような形状になった静水ゾーンの入り口は日露戦争の碑があったりして、歴史を感じる景観となっていました。その地点から車を停めてある総合文化会館に戻りました。

20240504b
 途中、水辺の道を帰ってきても良かったのですが、少し道を逸れ、アーケートを通って帰ることにしました。いくつかの商店街が連なり、駅前周辺から市役所まで形成された味のあるアーケードでした。しかし、シャッター街です。GWのために閉まっている店が多いためなのか、平日はそうでないのか確認したかった。唯一、観光客にも用事を見つけられそうな(老舗の)和菓子屋さんに入り、柏餅を求めながら、店の人にこのアーケードについて話を伺いました。後継者の都合で閉める店が多いとのこと。西条は周辺の国道の様子を見ても車の数は少なくないし、四国の中では大きな都市だと思うのに。柏餅はとても美味しかったです。
 私たちの旅は日の暮れを感じながら、駅前の肉屋さんで叉焼を買い、そこで伺った魚屋さんと八百屋さんで晩酌の友を調達して家路につきました。

 西条へは、いつかまた訪問したい。機会を見つけて、ご当地のソウルフードだというアツアツ鉄板にのったナポリタンを食べてみたいのです。そして、次に来るときは必ず空いたペットボトルを持ってきたいと思う。この街の最高のお土産は「うちぬき」の水なのですから。

| | コメント (0)

2024/05/01

DIY)カーステをいじってみた(その1): CV21s'1996

20240429_2a
 前回はステアリングとシフトノブを交換したWAGON-Rです。簡単に言うとこの車は1996年に製造された28年前の車体です。私、今年還暦となりますが、1996年はなんとまだ32才でした。その頃はカーステなんかも自分で替えたりいじったりしていたよね・・・と記憶するのです。なので、やってみました。カーステの本体はCV21Sの納車の際にパイオニアの現行品に換えてもらっていたので、今回はサブウーハーとチューンナップツイーターを取り付けてみます。さすが、大いなる大型連休(自宅で過ごす連休)。

20240429_2b
 近所の量販店で買ったサブウーハー。17,000円位でした。前にも書いたような気がするのですが、昔の感覚でいると現在のカーステは安価なような気がするのです。自分の車に「サブウーハー」を取り付けるのは生まれて初めてです。この、私のCV21sのオーディオ環境の問題は、フロント2スピーカであることと、どうせ音源はステレオなので2スピーカーでいいのですが、ベーシストとしてのミッドが物足りないのです。800Hz-400Hzくらいですかね。このあたりを細かく調整したい・・ところなのですが、このあたりが薄くて調整の幅が無いのです。今回のサブウーハーはここを肉付けしたいと考えたものです。(が、しかし、結論を言ってしまうとサブウーハーなるもののはクロスオーバー125Hzで、もうちょっと下の部分なのでした。ベーシスト目線ではもうちょっと上でお願いしたかった・・・。低音感も弱かったので、まぁ、それはそれで有意義ではあります・・・どんな効果になるでしょう。)

20240429_2c
 現在取り付けてあるカーステはパイオニアのDEH6600というモデルです。サブウーハーを取り付けるには、一旦、このカーステを取り放って、後部パネルのRCA端子に音声線、電源、ON/OFFのためのアクセサリー線を取り付ける。カーステを取り外すためには、まずダッシュボードのパネルを取り外す必要があります。・・・古い車のプラスチックは劣化して(薄い部品などは)ちょっとした力加減でポキポキ折れますので、取り扱い慎重に。自分用の備忘録として書いておきますと、このCV21s(CT21s)のパネルを外すためには、メーターフード部のネジが2箇所。ネジを外して、引っ張りだすだけです。パネル全体にはKUREのラバープロテクタントを吹き付けておきました(私のおまじないです)。

20240429_2d
 パネルの無い光景です。埃や油垢を掃除します。この車は禁煙車として買ったのですが、嘘でした。文句を言いに行ったりしないけれども。タバコの灰がメーターユニットの周りに散らばっています。全体的に納得できるまで掃除しました。

 28年前の私であれば、サクサクと小一時間も掛からなかった作業ですが、今の私は午前中からやっているのに日が暮れました、あっぱれ還暦!!。すごい遅くて今日は時間切れです。

| | コメント (0)

2024/04/30

CANON nFD500mmF8.0 RF

20240430a
 懐かしい。望遠鏡タイプ(反射式)の望遠レンズです。ですが、私は現役で使っています。最近はスマホの写真機能が優れていますよね。大概の写真は皆さん見慣れてしまった。そのためスマホではまだ写すことが苦手な、望遠レンズや深度の浅いレンズの出番が増えてます。反射式レンズはピントが外れた部分の光の点が丸くなる特性があり、味になりますよね。私はプロの写真家ではないのですが、仕事で職場の広報誌などの撮影のためカメラを触ることがあり、こんなことになっています。
20240430b
 この写真では三脚に取り付けていますが、軽いレンズなので手持ち撮影もできます・・・というか、私は主には手持ちで使っています。
 そうそう、話題が本題から逸れてしまいます。カメラの自動露出機能にはAとかSとか、AUTOとかありますよね。私はMFオールドレンズを使うことが多いので絞り優先の”A”を選ぶことが多かったのですが、当たり前のことながら、シャッタースピードをカメラお任せにすると手振れの問題がある。
 最近、私は気づいたのですよ感度AUTOってヤツです。もともとも感度AUTOで使っていたのですよ。α7S3は使える感度の幅が自慢の機種。だったら、カメラの絞りとシャッタースピードは”M”でいいんじゃないの・・ということに。
 スナップならば絞りとシャッタースピードは手動で普通の写真が撮れるということに気付き、すごく気が楽になりました。最近はスナップ用にRX1R2を使うことが増えました。感度AUTOにして今ではMで使っています。昔・・フィルムカメラのカメラに自動機構の無かった時代に戻ったようで写真が楽しくなりました。(本項のテーマのRFレンズには絞りはありません)

20240430c
話を戻して反射望遠鏡はこのような写真になります。面白いでしょ?

| | コメント (0)

2024/04/29

シフトノブ、ステアリング交換:CV21s’1996

 ワゴンR(CV21s)です。GWは予定がないため、私が最近入手したちょい古い車をいじって楽しく過ごそうと考えています。前回はTULIPについてエントリーしました。現在のTULIPは1997年からの再結成TULIP。・・・27年前!!。そして、このワゴンRは、その頃(1997年)の路上を元気に走っていた車種でした。今、この車は路上で見ることは稀になりました。あの頃の音楽は未だ現役なのです。

20240429a
 ともかく、歳を重ねるといろいろ考えることはあるけれども、私のお気に入りのワゴンR(ノーマル)を少しカスタマイズします。このワゴンRについて気に入っている点は、まずはエンジン(F6A)です。出力や気筒数はともかく、とても滑らかに動いている。車体の動きはフラフラしている。フラフラは評価されないポイントかも知れないのですが、滑らかなエンジンにMTで操縦するとヒラリヒラリと走ることができる。走っていて洒落ている。実力60%位で安全に走行する限りは、何も問題はない・・と思います。でね、シフトノブを皮張り仕様に交換しました。スズキアルト用の純正部品です。

20240429b
 もとのノブはネジって取り外します。このアルト用の皮張りノブは、ネジ穴径はワゴンRと同じ。全体の大きさもほぼ同じです。純正のウレタンのノブの操作性は捨てがたいところがありますが、革張りノブの佇まいもこれまた魅力的です。

20240429c
 勢いでステアリングも交換しましたよ。ネットショップで(見た目だけで)ポ チった、MOMOのなんとかいうモデル(φ350mm)で、かっこ良くなりました。皮張りシフトノブを含めて、イカシタ感じの風情になったぞと。このMOMOステアアリングの位置は、ステアリングボスの関係もあって、標準よりも数センチ体に近づきます。交換前はどうかと思ったのですが、交換したら便利。とても運転しやすい。ステアリングをわずかに抱え込むスタイルで、気持ちラリーカーのような見た目と運転体勢になりました。ちょっと難があるとすると、ウインカーレバーが遠くなり、慣れそうもない程度の慣れが必要。イケイケな感じになっていますが、所詮、軽自動車なので、そんなに速くない・・・というか、最近のハイブリットやら電気自動車が生み出している車列の流れからすると、絶対的には遅いと思う。でも、世の中は、この軽自動車の遅さで十分なのではとも思います。なので、とても可愛いのです。このGWは、このワゴンRを、もう少しだけいじってみようと考えています。

| | コメント (0)

2024/04/21

TULIP松山公演の翌日

 自宅からそれほど遠くない距離の松山ですが、訪れたのは10年以上振りなのです。昨夜はコンサートの後、どこで夕飯にするか・・は、楽しみの一つですが、夜の大街道界隈は勝手が判らずウロウロしました。路地に少し入った「おでん」の赤ちょうちんがぶら下がっている地元的な小さめの店にふらりと入り味わいました。コンサートのことを熱く大いに語る訳でもない夫婦2人なので、気取らないちょうどよい店でした。静かさにお酒を楽しみました。一夜明けて、本日は帰るだけなのですが、道後温泉に寄ってみようと。にきたつの酒蔵で自宅用の酒を調達。
20240421b
 以前、人手不足で坊ちゃん列車の存続が危ぶまれている。というローカルニュースを見たけれども、ちゃんと走っていて安心しました。一度乗ってみたいものです。
20240421a
 観光客らしく知らない皆と一緒に列車の写真を撮ったのだ。

20240421d
 あとは、鯛めしを食べました。コンサートのMCで話題となり、客席に居た人で食べた人は多かったのでは・・と予想します。確かに「高級な卵掛けごはん」。美味しくない筈はない。自宅でいつか真似してやってみようと思います。

| | コメント (0)

2024/04/20

愛媛県民文化会館

 私の自宅から四国松山への距離はさほど遠くはありません。高速道路で2時間程度。多分、関東で言うところの「都心から箱根までの距離」という感覚に近い位置にあります。TULIPの愛媛公演に行きました。自分の心の中でTULIPに対しては、2022年の6月、東京フォーラムの客席から決別をしていて(無論、その時のコンサートは素敵な時間でした。)もう見ることはないだろうと。当時はツアーが2023年に続くことが告知されたこともあったのですが、今後、行きたくてもチケットの競争率は高そうだし諦めていたものです。
 今回の愛媛については、数日前に、職場で同僚から「TUILIPのチケット、どうですか?行けなくなっちゃったのでどうですか?TULIPを知っていれば」と。その同僚は、私のTULIPに対する密かな熱狂性を知らないのです。当然、私としてはそのような話はありがたく受け、その日の仕事はやめにして松山へ向けて車を走らせました。
20240420z
 松山は遠くない街なのですが、コロナ禍などを経て久しぶりの訪問となりました。到着後、蕎麦屋で腹ごしらえをして、急遽とった宿で開場時間まで待機。TULIPのステージはもう観れないと覚えていたので、夢を観ているような時間でした。このお蕎麦屋の量は以前に比べて増えたような気がします。これも私の歳のせいでしょうか・・。
20240420a
 コンサートは楽しみました。私の席は5階。5階の最前列。愛媛県民文化会館はステージから客席側に5階建ての建物があるような、客席としては5階建ての屋上で身を乗り出しているような、高所恐怖症の気持ちを縮み上がらせるに十分な凄い構造でした。こんなホールは滅多にはないと思うので、それだけでも来た価値がありました。

 昔のようなROUTE335的視点でこの日のコンサートのことを書くと・・・、財津さんのフェンダーシンラインは単純に嬉しかった。5階席からの双眼鏡では、その個体が当時のものか判らないけれども、パーロイド柄ではなく白色PG仕様に見えたこと(錯覚かも)。私の財津さんのギターと言えば、この、ナチュラルカラーでメイプルネックでセスラバーPUのシンラインの印象が強いのです。1997年再結成後も見る機会がなかったため嬉しかったです。宮城さんの機材についてはANPEGのアンプ(2台)とキャビネット。足元はボリュームペダル位しか私の双眼鏡からは識別できませんでした。ベースギターはヘフナー、フェンダーJB(青色)、フェンダー山野楽器記念OPBタイプ(マスタービルダー製、青色)。演奏曲目などはネタバレになるので触れません。

 個人的なことなのです。私はTULIPのコンサートを何度も何度も客席から眺めたけれども、魔法の黄色い靴で合唱に参加したことはありませんでした。1000thやPAGODAでも。今回はさすがに最後になるならと考えて、初めて唄いました。私はね、コンサートに通って、魔法の黄色い靴を正しく唄えるまでに45年も掛かったよ。とにかくTULIPの皆さん、そして作品。関係されていた大勢の方々様、とにかく、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2024/04/18

庭の芝の手入れ

20240414a
 春が訪れ、新緑の季節が更ける頃、毎年、自宅の庭の芝生ことが気になります。芝生の手入れは、春から夏場、秋にかけて私自身の良い運動になっているのですが、昨年は床に伏しており何も出来ませんでした。放置していても、芝生はマイペースに季節を過ごしてくれていたようでした。今年は、少し、かまってあげたい(私が芝に構ってもらっているのかもしれない)。
 私は毎年4月に、なんとなく芝用の除草剤と、数日置いて肥料を薄くまきます。上の写真は肥料ですね。東商の芝ドクター。近所のホームセンターに扱いがあり、なんとなく、ずっとこれを使っています。私の庭木の作業は「なんとなく」がつきものなのです。

| | コメント (0)

2024/04/03

FENDER Steve Bailey signature 6 その7 ~ノイズ対策とバッファ装着~

20240403a

 私と、このFENDER Steve Bailey signature 6とは5年程の付き合いになります。製品的には2009年なので15年前のモノです。この子はね、お茶の水の某老舗楽器店で買って、自宅まで配送してもらうようにお願いしたの。予定日に届かない。こちらも忘れていて1ケ月位して届いた。「忘れていました」と一言の手紙と、アーニーボールの黒ストラップが入っておりました。届いて弾いてみると、店頭で試奏した時には気づかなかったノイズが気になってしかたがないという。まぁ、ケチの付いた個体だったのですね。あれこれ触っている内に、あれこれ壊して、自分なりにあれこれ治したことは以前に書き込みました。
 ・・・で、概ね気に入っていたのですが、「使う日、場面によって、PUのマグネットに触るとノイズが出ることがある」ことが気になり。もう一度ノイズ対策を行うことにしました。これまではピックアップ裏のマグネットに銅ホイルを貼ってアースしていたのですが、その接触に問題がありそう。で、ここを電導塗料にし、改めてしっかりとラグに経由しアースしました。(肝心な写真を取り忘れです)

20240403b

 続いて、プリアンプ(HUMPBACK ENGINEERING 1×2)の前にバルトリーニAGBD/918-2を入れました。ノイズ対策というよりも、もともとこのPUの素の出力が低くて、プリ(HUMPBACK)のGAINツマミを高めに設定して使っていました。もう少し、シャキっとさせたかったため、プリアンプの前にバッファーを入れてみたらどうか・・と考えて行った実験です。目論見通りにはなりました。
 AGBD/918-2は2チャンネルあり、Steve Bailey signature 6のボリュームは一般的なJB配線で、それぞれのPUからボリュームに繋がる前にAGBD/918-2を入れます。JBのボリュームポットは普通250kΩ位でしょうから、メーカー推奨25kΩへ交換。ノイズを気にしないなら250kΩのままでもいいようです。上の写真の右側の2つある青色のトリマポットがAGBD/918-2のコントロールです。
 AGBD/918-2はもともとボリューム差のあるピックアップの音量を整えるような場合に有意義な装置のようですが、私の場合はボリュームポット前のローインピ化を目的として使いましたので、GAINツマミはちょい上げた位置(0でも良い)で前後とも揃えています。HUMPBACKのGAINツマミは0。出音はPUの個性そのままに、入手時のようなカリッカリに戻りました。

20240403c

 PUの底のスポンジは、長年、ホームセンターで入手できる黒色のウレタンフォーム(?!)を使っていました。今回は「すき間ふさぎテープ」を応用してみました。(これはイイカモ)

20240403d

 カリッカリの中高音とボリュームのある低音感。とてもイイのです。FENDER Steve Bailey6はカスタムショップではなく、高級な扱いではなかったと思うのですよ。私のFENDERへの関心はビンテージタイプのモデルに寄ってしまう傾向があるのですが、これを使ってみるとアメスタ的なモダンなモデルも悪くない・・・というか、イイんじゃないかと反省していまうのです。
 フレットレスの音としては、私個人の趣味としては、とにかく音像が明瞭ですばらしい。エポキシ塗ってないのに、エポキシ処理済のような音がします。指板に使われている材について、カタログにはエボニーとありますが、天然素材ではなく人工的な素材なのではないでしょうか。これは、私にはアリで、この指板の硬くて乾いた音が弾きやすくて気に入っています。スラップの音もたまらないです。

 私のFENDER Steve Bailey6の近況報告は以上です。

| | コメント (0)

«クリームソーダ